« INDEX

NEW

永い愛着

保古中古

 
保古中古
01 02 03
04 05 06

担当スタッフのオススメ物件ポイント

担当/大久保

今回の物件は保古にある築34年の中古住宅。見た目は年数を感じさせるが、玄関ドアのデザインなど逆に新鮮で、デザイン性が高い。ドアを開けると、そこには大きな下駄箱が新設されている。新建材ではなく、木を使用したシンプルで飽きのこないデザインである。今回のリノベーションではあえてリビングとダイニングを繋げず、それぞれ独立した部屋にした。キッチンの扉にはチーク材の突板を使用し、壁には漆喰を、床はナラの無垢材で仕上げてある。キッチン、リビングを独立させたことにより、それらの素材が際立ち、より落ち着いた空間となっている。リビングの窓の外には、緑も映え季節を感じることが出来る。天然木は太陽や照明の光を吸収することで、時間の経過と共に樹種ごとに独特の変化が現れ、住む人の暮らし方や過ごし方によっても変わっていきます。色合いの変化は時の積み重ね、風合いの変化は寄り添った証しの味わいです。